主婦目線で選ぶ賃貸マンションとは

専業、兼業にかかわらず、主婦の仕事というのは非常に大変です。
毎日気持ちよく生活を使用と思えば頻繁に掃除をしなくてはなりませんし、洗濯物も毎日たくさん出てしまいます。
特に朝や夕食の支度をする時間帯はとても忙しく、身支度を済ませて弁当と朝食を作り、洗濯物を干し、ゴミを出し、掃除をして、と考えると、時間がいくらあってもたりません。
自分も仕事のために出かけなくてはならない場合、この忙しさはもっと厳しくなることでしょう。
さらに子育てが始まれば、自分の都合だけで家事をすすめられなくなってしまいます。
子どもがぐずれば手を止めることになりますし、幼稚園への送り迎えが始まると、さらに慌ただしくなってしまいます。
こういった忙しい時間帯を有効に活用するためには、賃貸マンションの選び方も大きなポイントとなってきます。
まず、家事のための作業動線が優れているかどうかは、大きなポイントだと言えるでしょう。
朝食や弁当を作りながら、洗濯機をまわし、バルコニーに洗濯物を干し、自分の身支度もすることを考えると、洗濯や洗面のスペース、キッチン、バルコニーの3カ所をできるだけスムーズに移動できる動線が必要になります。
そこで、賃貸マンションを探す際には、ぜひ一度間取り図のコピーをとって、そのコピーに毎日の生活動線を書き込んでみると良いでしょう。
朝起きて洗濯機をまわす、キッチンでお湯をわかす、洗濯物を干すといったように、線を引いていきます。
この線が込み入っていて、それぞれの線が不必要に長くなる場合には、実際にその賃貸マンションで生活を始めると、不便さを感じてしまうかもしれません。
一番家事をする上で理想とされているのは、バルコニーと洗濯機を置くスペース、そしてキッチンの3カ所が一直線上にある間取りです。
これは行き来しやすい3WAYと呼ばれており、家事を効率よく行い、時間短縮につながるそうですので、賃貸マンション選びの際には参考にしてみてはいかがでしょうか。
また、毎日の生活で出るゴミというのは、意外と多いものです。
しかも、曜日によって出すゴミの種類が違うため、ほとんど毎日何らかのゴミ出しをしなくてはなりません。
家事の効率化をはかりたいのであれば、夜のうちにゴミをさせるようなスペースがあるか、またゴミ置き場までの距離は近いかどうかを必ずチェックしておきましょう。
一つ一つは些細なポイントですが、積み重なると生活の大きな不便につながってしまいます。

Copyright (C)2021こんな賃貸マンションなら楽しく暮らせる?!そんな物件選びのコツ.All rights reserved.