子育て世代に最適なマンション

一人暮らしやカップル、新婚夫婦の場合には、自分の生活スタイルだけを考えて賃貸マンションを選ぶことができます。
しかし、子どもが産まれると、やはり子育て環境という面に配慮することが欠かせなくなってくるでしょう。
大人目線で選んだ賃貸マンションでは、子育てに色々な不都合が起こることもあります。
そこで、子育て世代の賃貸マンション選びについて、少し紹介しておきたいと思います。
まず、子どもが産まれるときには、実家から親が手伝いに来てくれるケースも多いと思います。
また、友人が出産祝いに駆けつけてくれたり、子どもが大きくなれば友達が遊びにきたりと、自宅にお客様が来ることが多くなります。
そのため、賃貸マンションを選ぶ際には、和室が一つ余分に確保できると安心です。
両親が駆けつけてくれたときには和室で休んでもらうことができますし、友達が来たときでも客間として使用できます。
子育てが始まると、家が散らかってしまいがちですので、どうしてもリビングは物で溢れてしまいます。
そんなときに和室が一つあれば、不意のお客様にも対応できるのではないでしょうか。
また、産まれたばかりの赤ちゃんは、夜中に何度も目を覚まして、ときには一晩中ぐずってしまうこともあります。
そういった場合、親は一晩中赤ちゃんと一緒に過ごすことになりますが、これを夫婦の寝室で行っていると、夫婦ともに睡眠不足になってしまうでしょう。
かといってリビングでは付き添っている親が休むことができませんのが、和室なら赤ちゃんの横で一緒に休むことができます。
また、安全の面から言えば、幼い子どもがいる間は、できるだけ低層階の部屋を選んだ方が安心です。
残念なことですが、小さな子どもがマンションの高層階から転落死するという事故が頻繁に起こっています。
そういった危険を避けるためにも、ぜひ低層階を選ぶようにしてください。
また、遊んでいるときに高層階に上ってしまう危険を避けるためには、賃貸マンション自体が低く造られているところが安心です。
また、子どもが小さい間は、家の中で飛んだりはねたりといった大きな音を立ててしまうこともあります。
そのため、階下の住人に迷惑をかけてしまうこともありますので、もしも可能であれば子どもが小さい間は1階の部屋を選ぶと良いかもしれません。
さらに、窓には子どもの転落を防止できる感覚の狭い格子が取り付けてあるかどうかも、重要なポイントです。
大人にとっては十分な間隔の格子でも、子どもならすり抜けてしまうことも考えられます。

Copyright (C)2021こんな賃貸マンションなら楽しく暮らせる?!そんな物件選びのコツ.All rights reserved.