格安物件には注意

物件情報誌などを眺めていると、人気の土地にある賃貸マンションの家賃は、とても高いと感じるのではないでしょうか。
良い条件のマンションは、やはり家賃が高くなってしまいます。
しかし、特に学生や新社会人といったお金にあまりゆとりがない年代の人は、できるだけ家賃を節約したいのではないでしょうか。
そのため、賃貸情報誌などでも家賃格安の物件を中心に、探しているかもしれません。
しかし、格安物件ということは、何か家賃が安いだけの理由があるということです。
理由もなく家賃が安いということはありません。
そもそも、賃貸マンションの家賃は、基本的にはそのマンションを管理している業者やマンションのオーナーが決定します。
そのため、もしもボランティア精神から学生寮のような格安で自分の持っているマンションを貸したいという人がいれば、格安物件として賃貸に出すことも可能でしょう。
しかし、残念ながらそういった人はまずいません。
多くの場合、周囲の賃貸マンション事情などを考慮しつつ、入居者が集まりやすく、かつ自分の利益も確保できるという価格を検討して、家賃を設定しているはずです。
そのため、同じ地域の同じ様な条件の賃貸マンションについて家賃を比較してみると、似たような金額となっています。
つまり、非常に良い条件の賃貸マンションが、周囲の家賃相場よりもはるかに低い家賃で賃貸に出ているということは、何か特別な事情があるということです。
この特別な事情としては色々なものが考えられます。
まずは、ちょっと信じられない話ですが、「幽霊が出る」という物件があります。
幽霊が本当にいるかどうか、という問題ではありません。
「幽霊が出る」という噂が立っているために、借り手がなかなか見つからない物件になっているということが問題なのです。
この場合、別に幽霊に出会っても気にしないという人なら、借りると非常にお得になります。
また、騒音が酷い、周囲からの異臭があるといった場合も、家賃が安くなっていることがあります。
周囲に工場などがある賃貸マンションの場合、特に注意が必要です。
格安物件だと思って飛びついてしまうと、住み始めてから騒音や異臭に悩まされることになります。
休日に物件見学へ行くと工場も休んでいて、騒音や異臭に気付けないことも多いですので、物件見学は休日と平日の2度行って見るのも良い方法です。
格安物件の中には確かに掘り出し物件がありますが、そういった物件を見学する場合には、通常以上に色々な部分に気を配る必要があるでしょう。

Copyright (C)2021こんな賃貸マンションなら楽しく暮らせる?!そんな物件選びのコツ.All rights reserved.